1月23日(日)落ち葉はき体験 <中止>


関谷農園の歴史は江戸時代に始まります。

当時、江戸は急激な人口増加による食糧不足に陥っており、

その問題を解決する必要がありました。

そこで着目されたのが、江戸から近く輸送しやすい武蔵野平野。

5代将軍 徳川綱吉の側用人であった柳沢吉保が開墾に着手します。

代々専業農家としてこの土地を大切に守り、

300年以上も続く首都圏近郊農家となりました。

農地は東京ドームの約4個分、現在でも東京をはじめ日本の食を変わらず守り続けています。


 

9代目:関谷和博  有機農法 / ジュニア野菜ソムリエ

日本野菜ソムリエ協会HPはこちら

 


 

8代目:関谷 豊  農業法人アグリ昴 代表取締役社長

 

関谷農園のホームページはこちら

↑相談、訪問の際はこちらのホームページからお問合せください↑

 


 

日本農業遺産「武蔵野の落ち葉堆肥農法」

落ち葉はき

無料体験ツアーお知らせ

 

<開催日時>

・1月23日(日)

・10時から14時頃まで

・雨天中止 1/21(金)午後にこちらのホームページにて告知

<会場>

・所沢市下富204「関谷農園」Googleマップリンク

 

<集合場所>

現地集合の場合、車両乗り入れ不可、バイク、自転車、徒歩、公共交通機関

(募集人数20名前後)

 

YOT-TOKO集合の場合、バスで送迎(YOT-TOKOまで車両の場合、駐車料金600円)

(募集人数20名前後)

 

合計40名前後の募集

 

<対象者>

どなたでも・農業に興味のある方歓迎

新規就農者

 

<内容>

・10時開会

・開会の挨拶と指導「関谷農園」関谷氏

・休憩しながらの作業で2時間ほど

・農園で収穫した野菜で作った豚汁、焼き芋を振る舞います。

・食事をしながらの農家さんとのコミュニケーション

・14時頃解散

 

<持ち物、服装>

・落ち葉掃きの出来る汚れても良い服装

・軍手

・タオル、ティッシュ等

・飲み物

・防寒着

・運動靴(スニーカー等)

・ぼうし

・雨具

・マスク

・お箸とお椀(ごみゼロ)

・その他 携帯折り畳み椅子等


「落ち葉掃き体験と実践農家見学」の

お申し込みはこちらをクリック< 中止>

お知らせ
まん延防止等重点措置の実施のため「落ち葉はき無料体験ツアー」は
【中止】とさせて頂きます。
たくさんのお申し込み、
ありがとうございました。
楽しみにされていた皆さまにとって
残念なお知らせとなりますが、
何卒ご理解くださいますよう
お願いいたします。

5、その他物産館へのお問い合わせからお願い致します。

※お問合せフォームに記入していただく項目は以下の通りです

氏名欄 : 氏名

メールアドレス欄 : メールアドレス

ご連絡先欄 : 連絡の取れる連絡先(携帯)

題名欄 : 落ち葉掃き無料体験ツアー」とご記入ください。

メッセージ欄 : 参加人数・現地集合(車両不可)かYOT-TOKO集合(バス希望)のいずれかをご記入ください