三上製麺


 

 


 

小麦栽培が盛んだった所沢の地で、大正元年に生まれた三上製麺。
創業当時は保存技術が発達しておらず、保存性に優れた「乾麺」が広く流通していました。
三上製麺においても、乾麺の製造を行い、保存技術が発達した今でも、乾麺を作り続けています。
それは、保存料が不要であるため。
そして、乾麺のメリットを専門店として十分に理解している弊社だからこそ、
お客様に寄り添ったご提案、ご提供ができると信じているからです。

 


 

ホームページはこちら