味噌だれの台湾物語

【ご飯に合う『ゆず旨辛味噌だれ』が埼玉県新商品AWARDで金賞&グローバル賞!】

埼玉県毛呂山町の名産、日本最古の柚子といわれている『桂木ゆず』。

このゆずの皮を利用した、ゆずの香りと風味たっぷりの味噌だれが、埼玉県物産観光協会主催の、埼玉県の魅力ある商品の発掘や「SAITAMA BRAND」の確立を目的とした「埼玉県新商品AWARD2020」で60点の応募の中から金賞&グローバル賞に選ばれました!

台湾ご出身だからこその「インバウンドニーズ」の視点で開発された和柄のパッケージと、飲食店経営経験に裏付けられる消費者ニーズに合わせた「やみつきになる」味付け。

お土産にも、ご自宅でも最適。ご飯にとろっとのせても良し、野菜スティックやお肉につけても良し。是非お試しあれ。

詳しくはホームページをご覧ください。こちらをクリック